メルセデスAMG、初設定「A35セダン」プロトタイプを激写!日本導入の可能性も

メルセデスAMG A35 セダンスクープ写真
  • メルセデスAMG A35 セダンスクープ写真
  • メルセデスAMG A35 セダンスクープ写真
  • メルセデスAMG A35 セダンスクープ写真
  • メルセデスAMG A35 セダンスクープ写真
  • メルセデスAMG A35 セダンスクープ写真
  • メルセデスAMG A35 セダンスクープ写真
  • メルセデスAMG A35 セダンスクープ写真
  • メルセデスAMG A35 セダンスクープ写真

メルセデスベンツはパリモーターショー2018で『AMG A35 4MATIC』を初公開したばかりだが、その派生モデルとなる『AMG A35セダン』の市販型プロトタイプの姿をカメラが捉えた。

「35」は、コンパクト・ハッチバック『Aクラス』の高性能モデルとして、新たにAMGに設定されたブランドシリーズだ。その第2弾がこのセダンに投入される。中国市場では、ロングホイールベースの『AクラスLセダン』がすでに投入されているが、こちらはノーマルサイズがベースとされている。

捉えた開発車両は、アグレッシブなコーナーエアインテークを備えるバンパー、18インチホイール、大型ブレーキ、ブーツリッドスポイラー、ディフューザー、ツインエキゾーストパイプのほか、コーナーエアベントも備えている。またサスペンションも専用にセッティングされる。

ボンネットフードの下には、AMGチューンの「M260型」直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。最高出力は306ps、最大トルク400Nmを発揮する。トランスミッションには、「AMGスピードシフトDCT7G」を採用するとともに、スポーツ志向のAWDシステムが駆動方式となり、0-100k/h加速4.7秒のパフォーマンスを持つ。

ハイテク面では、メルセデスの最新MBUXインフォテインメントシステム、GPS対応のクルーズコントロール、緊急ブレーキ、車線変更アシストなど、ドライバーアシスタンスと安全システムのフルセットが装備されるだろう。

ワールドプレミアは、2018年内と予想され、日本市場導入の可能性も高い。

◆話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
http://spyder7.com/

《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集