ロータス エリーゼ、220馬力の軽量「スポーツ220」に最新版…パリモーターショー2018

ロータス・エリーゼ・スポーツ220の最新モデル(パリモーターショー2018)
  • ロータス・エリーゼ・スポーツ220の最新モデル(パリモーターショー2018)
  • ロータス・エリーゼ・スポーツ220の最新モデル(パリモーターショー2018)
  • ロータス・エリーゼ・スポーツ220の最新モデル(パリモーターショー2018)
  • ロータス・エリーゼ・スポーツ220の最新モデル(パリモーターショー2018)
  • ロータス・エリーゼ・スポーツ220の最新モデル(パリモーターショー2018)
  • ロータス・エリーゼ・スポーツ220の最新モデル
  • ロータス・エリーゼ・スポーツ220の最新モデル
  • ロータス・エリーゼ・スポーツ220の最新モデル

ロータスカーズはパリモーターショー2018において、ロータス『エリーゼ スポーツ220』(Lotus Elise Sport 220)の最新モデルをワールドプレミアした。

エリーゼ スポーツ220の最新モデルでは、フロントとリアを設計変更。外観だけでなく、車両全体のダウンフォースのバランスも改善した。平らな底面と前輪の前方にラバーエレメントを取り付け、リアにはディフューザーウィングを追加。車体下のエアフローを変え、抗力の発生を抑えて安定性を向上させた。

ブレーキはフロントがAPレーシング製の2ピストンキャリパー、リアがブレンボ製のシングルピストンキャリパーを採用。オプションで軽量の2ピースブレーキディスクが選択できる。ドライバー自身が走行モードを切り替えられる「ロータスDPM」(ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント)が採用される。

ミッドシップに搭載される1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、スーパーチャージャーで過給。最大出力は220ps/6800rpm、最大トルクは25.59kgm/4600rpmを発生する。トランスミッションは6速MT。904kgの軽量ボディとの組み合わせで、0~100km/h加速4.6秒、最高速233km/hのパフォーマンスを備えている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集