ドラレコに安全運転診断機能をプラス、菱和が出展…CEATEC 2018

インカメラ・アウトカメラを装備した売れ筋モデル「DCW-690」
  • インカメラ・アウトカメラを装備した売れ筋モデル「DCW-690」
  • アウトカメラのみの廉価なモデル「DCW-670」
  • 発売予定の通信機能付きハイエンドモデル
  • ドラレコWEB
  • 菱和ブース

三菱電機系の自動車電装品商社の菱和は、CEATEC 2018に出展し、安全運転診断機能付きの法人向けドライブレコーダーを展示した。加速度センサーを内蔵し、クルマがどのような動きをしたのかを検出できるものだ。

加速度センサーのログはSDカードに保存される。PCでデータを吸い出し、菱和が提供する安全運転クラウドサービス『ドラコレWeb』にデータをアップロードすると、ログが分析され、安全運転診断が行われるしくみだ。

同社市販営業グループの小出祐也氏は、ドライブレコーダーが導入の動機になっているケースが多いと説明する。

「まずはドライブレコーダーが欲しいという声が多いですね。事故時の状況をはっきりさせることで、社員を守ることにも繋がりますので。それをきっかけに、安全運転診断にも興味を持っていただくことが多いです」

菱和の法人向けドライブレコーダーは、車外だけでなく車内カメラも装備されていることがポイントだ。

「車内カメラによって、例えば急ブレーキのログが記録されていた時に、ドライバーがよそ見をしていたのか、あるいは急な割込みがあったのかを判別することができますので、正確な運転始動をすることができます」

気になる導入費用は、初期登録費が運転手1名あたり2000円、運転診断の利用料として月額980円と、同様の法人向けサービスと比べて安価に設定されている。

「少ない台数のところから、数千台規模の法人様まで幅広く引き合いをいただいています」とのことだ。

《佐藤耕一》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダアクセス、リア専用ドライブレコーダーの適用機種を拡大 画像 ホンダアクセス、リア専用ドライブレコーダーの適用機種を拡大
  • ナンバープレートもはっきり記録できるドライブレコーダー…高性能センサー搭載 カーメイトが発売 画像 ナンバープレートもはっきり記録できるドライブレコーダー…高性能センサー搭載 カーメイトが発売
  • レンズに液晶を埋め込んだ高性能アイウェア『タッチフォーカス』とは…CEATEC 2018 画像 レンズに液晶を埋め込んだ高性能アイウェア『タッチフォーカス』とは…CEATEC 2018
  • スバル レオーネ が渡良瀬遊水地に集まる…オーナーズクラブ・ミーティング開催 画像 スバル レオーネ が渡良瀬遊水地に集まる…オーナーズクラブ・ミーティング開催
  • 「LINE」で事故受付から事故対応サービスまで 業界初、損保ジャパン日本興亜 画像 「LINE」で事故受付から事故対応サービスまで 業界初、損保ジャパン日本興亜

特集

おすすめのニュース