内部の人間でしか語れない、当時の日産の開発現場…ダットサン車の開発史

内部の人間でしか語れない、当時の日産の開発現場…ダットサン車の開発史
  • 内部の人間でしか語れない、当時の日産の開発現場…ダットサン車の開発史

『ダットサン車の開発史』
日産自動車のエンジニアが語る 1939-1969
著者:原禎一
発行:グランプリ出版
定価:1800円(消費税除き)
発売:2018年10月11日
ISBN978-4-87687-359-3

日産やダットサンの歴史を記した本は多くあるが、当時開発に関わったエンジニア自身の手で記された書物は少ない。特に30年に喃々とする開発史は希少といっていいだろう。本書は『ブルーバード(510)』や『フェアレディZ』なども手掛けた原貞一氏が語る日産各車の開発ストーリである。

原貞一氏は1939年に日産に入社。終戦直後から日産吉原工場にて戦前型のダットサンの改良と再生産に努めたという。その後いくつかのモデルを経て、初代ブルーバードを手掛ける。軽量化とともに過酷な走行耐久試験を実施するなどで、設計変更を含め様々な改良を施していった。そこには海外の各競合車を参考しながらもオリジナリティをいかに実現していくかというエンジニアとしての意地が見え隠れする。

また、その後のフェアレディではFRPという素材にトライし、生産化につなげていく。そういった史実をもとに様々な当時のエピソード、社内事情など、内部の人間でしかわからない苦悩なども含め語られている。

巻末にはダットサン関連年表、車種型式別製造期間一覧などの資料も充実している。

本書は原禎一氏が8年前に「ダットサン開発の思い出」を自費出版されたものに、収録写真を加えるなどさらに内容の充実を図り、復刊したものである。

《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • ジャガーのEV『I-PACE』、人工走行音発生装置を開発…速度や進行方向で音が変化 画像 ジャガーのEV『I-PACE』、人工走行音発生装置を開発…速度や進行方向で音が変化
  • 新型スープラ、謎のプロトタイプを新たに目撃…レーサータイプか「GR」か 画像 新型スープラ、謎のプロトタイプを新たに目撃…レーサータイプか「GR」か
  • 【日産 ノートe-POWER ニスモS 試乗】スポーツ派をも納得させるハイパーEVだ![360度動画] 画像 【日産 ノートe-POWER ニスモS 試乗】スポーツ派をも納得させるハイパーEVだ![360度動画]
  • VW、300馬力のコンパクトSUV「T-Roc R」開発中…ニュルで高速テスト 画像 VW、300馬力のコンパクトSUV「T-Roc R」開発中…ニュルで高速テスト

特集

おすすめのニュース