ボルボカーズの次世代車、レベル2以上の自動運転が可能に…エヌビディアのAIコンピュータ搭載へ

ボルボカーズが次世代車にレベル2以上の自動運転を可能にするエヌビディアのAIコンピュータを搭載すると発表
  • ボルボカーズが次世代車にレベル2以上の自動運転を可能にするエヌビディアのAIコンピュータを搭載すると発表

ボルボカーズ(Volvo Cars)は10月10日、2020年代初頭から生産する予定の次世代車両にエヌビディア(NVIDIA)のAIコンピュータ「DRIVE AGX Xavier」搭載し、レベル2以上の自動運転を可能にすると発表した。

DRIVE AGX Xavier は、高度に統合されたAI自動車コンピュータ。ボルボカーズは、これによって自動運転機能の開発を効率化し、開発とサポートのコストを削減する。2020年代初頭から生産する予定の次世代車両では、従来の先進運転支援システム(ADAS)をさらに進化させたレベル2以上の自動運転機能が装備されるようになる。

エヌビディアの「DRIVE AGX」には、世界初の自動運転用内蔵プロセッサの「NVIDIA Xavier SoC」が組み込まれている。安全重視で設計されたNVIDIA Xavier SoC には、冗長かつ多様なアルゴリズムを実現するために、6つの異なるタイプのプロセッサを内蔵した。

ボルボカーズとエヌビディアは、自動運転機能の開発で協力しており、全方位の状況認識とドライバー監視システムについて独自の方法を採用。ボルボカーズはエヌビディアベースのコンピューティングプラットフォームを導入することで、新しいコネクトサービスやエネルギー管理技術、車内パーソナリゼーションオプション、自動運転技術を実現できるようになる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集