F1日本GP前売りチケット、V1/V2席や西エリア席も残りわずか 開幕まであと3週間

  • 鈴鹿サーキットは、開幕まであと3週間に迫った「2018 FIA F1世界選手権シリーズ第17戦 日本グランプリレース 鈴鹿30回記念大会」(10月4~8日開催)の各種チケット販売状況を発表した。
モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
Honda F1日本グランプリ大会ロゴ
  • Honda F1日本グランプリ大会ロゴ
  • F1日本グランプリ観戦席図
  • アニバーサリー記念プレート
鈴鹿サーキットは、開幕まであと3週間に迫った「2018 FIA F1世界選手権シリーズ第17戦 日本グランプリレース 鈴鹿30回記念大会」(10月4~8日開催)の各種チケット販売状況を発表した。

それによると、VIPスイート・プレミアム、V2-1/2/4/7/10/11、V1-1/2/3(レディースシート・ローソンチケット取扱い分を除く)、Q1、D-1/3/4、トロロッソ・ホンダ応援席、アウトレット席(全席)、ファミリーシート(S席)、インフィールドパス(金・土・日)、前売駐車券(全て)、Dinner Party with Legend Driverは完売。

V2-3/5/6/8/9/12、V1-1/2(ローソンチケット取扱い分)、A1、B1、B2、D-2/5、I、Q2、西エリア(G・J・L・M・N・Oエリア)、カメラマンエリアチケット、レディースシート(V1)は残りわずか。C(2コーナー~S字コーナー)、E(ダンロップコーナー)、R(最終コーナー)は残数に余裕がある。

前売りチケットは、鈴鹿F1チケットサイトで9月23日23時59分まで、ローソンチケットおよびローソン・ミニストップにて10月6日23時59分まで販売する。

なお9月1日以降にチケット購入の人には、鈴鹿での30回目のF1日本グランプリ開催を記念した、プラスチック製の「アニバーサリー記念プレート」を大会当日プレゼントする。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集