ヤマハ・ファクトリーチーム、雨とセーフティカーはマイケルばかり…鈴鹿8耐

モーターサイクル エンタメ・イベント
鈴鹿8耐(7月29日、YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
  • 鈴鹿8耐(7月29日、YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
  • 鈴鹿8耐(7月29日、YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
  • 鈴鹿8耐(7月29日、YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
  • 鈴鹿8耐(7月29日、YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
  • 鈴鹿8耐(7月29日、YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
  • 鈴鹿8耐(7月29日、YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
  • 鈴鹿8耐(7月29日、YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
  • 鈴鹿8耐(7月29日、YAMAHA FACTORY RACING TEAM)
“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース第41回大会の決勝が29日に行なわれ、 「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の中須賀克行選手、アレックス・ローズ選手、マイケル・ファン・デル・マーク選手が優勝した。

ヤマハにとって2017年までの連覇記録を更新する4連覇、通算8回目の優勝。前日の転倒による怪我で中須賀は走行できなかったが、個人最多連覇となる4連覇を記録し、マーク選手とともに優勝回数で通算2位となる4勝とした。

中須賀克行選手談
「自分が走ることができず、こんなに悔しいことはない。アレックスそしてマイケルとチームメイトになれて、そして彼ら2人が勝つことができたことは本当にうれしい。彼らともう一度一緒に鈴鹿8耐を戦うために、自分のポテンシャルをさらに高めたい」

アレックス・ローズ選手談
「中須賀さんが走らないレースなんて初めてで、すごくタフではあったけど楽しんだ。中須賀さんが中心となってセットアップを進めたYZF-R1は、決勝でもよく走ってくれた。マイケルがいい走りをしてくれた。僕のスティントはコンディションが安定していたが、マイケルの時は雨が降ったりセーフティカーが入ったりして大変だったと思う」

マイケル・ファン・デル・マーク選手談
「いろいろあったレースウィークだったが、チームは基本的に作戦を変えなかった。それがうまくいったんだと思う。中須賀さんが決勝を走らないと聞かされた時は、とても驚いた。僕がスタートライダーを務めることになって緊張もした。でもアレックスと僕で、うまくレースをリードできたと思う」
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集