ハーレー老舗ディーラー、村山モータース破産開始決定 負債総額1億4000万円

モーターサイクル 企業動向
ハーレーダビッドソン ロードキング(参考画像)
  • ハーレーダビッドソン ロードキング(参考画像)
東京商工リサーチによると、ハーレーダビッドソン新宿などを運営した村山モータースが7月18日、東京地裁から破産開始決定を受けた。負債総額は約1億4000万円。

村山モータースは1953年設立、ドゥカティ、カジバ、ラベルダ、トライアンフなど、欧州メーカーのオートバイの輸入販売を主力に事業を展開。またハーレーダビッドソンについては国内代理店設立以前から取り扱っていた老舗ディーラーとして、ファンの間でも高い支持を受けていた。一時期はハーレーダビッドソン新宿店のほか、横浜市や八王子市にも店舗を構え、1992年7月期には売上高約24億円をあげていた。

しかし、大型モデルの販売不振などを背景に、売上は年々減少。近年は欧州車の取り扱いを中止するほか、八王子店の閉鎖など大幅なリストラを行い、収益改善を図った。だが、業況の悪化に歯止めがかからず2017年7月期の売上高約3億5000万円まで低下。今後の事業環境の改善が見込めないことから7月11日に事業を停止し、今回の措置となった。なお、当社が運営していたハーレーダビッドソン新宿店は、現在、別会社が運営している。

開催近く!! 今年の鈴鹿8耐=“コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレースを制するのはいったい誰なのか? レース以外に楽し…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集