ホンダがファンと鈴鹿8耐タイトル奪還めざす! 東京青山でミーティング

モーターサイクル エンタメ・イベント
「鈴鹿8耐タイトル奪還!」ファンミーティング(7月22日)
  • 「鈴鹿8耐タイトル奪還!」ファンミーティング(7月22日)
  • 記念撮影(「鈴鹿8耐タイトル奪還!」ファンミーティング)
  • 抽選会(「鈴鹿8耐タイトル奪還!」ファンミーティング)
  • F.C.C. TSR Honda France(「鈴鹿8耐タイトル奪還!」ファンミーティング)
  • KYB MORIWAKI MOTUL RACING(「鈴鹿8耐タイトル奪還!」ファンミーティング)
  • Red Bull Honda with 日本郵便(「鈴鹿8耐タイトル奪還!」ファンミーティング)
  • MuSASHi RT HARC-PRO. Honda(「鈴鹿8耐タイトル奪還!」ファンミーティング)
  • 8耐プレPIT WALK(「鈴鹿8耐タイトル奪還!」ファンミーティング)
ホンダウエルカムプラザ青山(東京都港区)で22日、“コカ・コーラ”鈴鹿8耐開催を控えて「鈴鹿8耐タイトル奪還!」ファンミーティングが開催された。ホンダ系4チームの監督とライダーがゲストとして登壇、来場したファンが記者役になって「公開記者会見」を実施した。

登場したのはF.C.C. TSR Honda Franceの藤井正和総監督とライダー、KYB MORIWAKI MOTUL RACINGの森脇緑チームマネージャーとライダー、Red Bull Honda with 日本郵便の桑田哲宏HRC取締役レース運営室室長とライダー、MuSASHi RT HARC-PRO. Hondaの本田重樹総監督とライダーら。

「公開記者会見」では、チームごとに質問者が選ばれ、KYB MORIWAKI MOTUL RACINGへの「『いい流れ』を断ち切らないのはどうしたらいいか」という問いに、高橋裕紀選手が「特別感を出さずいつも通りに」と答え、清成龍一選手は「いい流れを出すことが難しい」と冷静に答える。

Red Bull Honda with 日本郵便には「パッシングポイントなど、得意のポイントはどこですか」という質問。高橋巧選手は「ダンロップでみんなを抜きたい」と強気の発言、中上貴晶選手は高速の130R。「自分のスタイルに合っている。インからは難しいけれど」。パトリック・ジェイコブセン 選手はシケインが最高のパッシングポイントだという。「自分でもどうやっているかわからないけど」と笑う。

来場者には事前に抽選番号が渡され、ライダーや監督らによる抽選で、10名に「鈴鹿8耐観戦券+パドックパス」、30名に「鈴鹿8耐観戦券」がプレゼントされた。さらに「8耐プレPIT WALK」も催され、ファンとライダーが近い距離でコミュニケーションすることができた。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集