広島市と呉市の「通れるマップ」、国交省が公開 平成30年7月豪雨[7月14日18時00分時点]

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

平成30年7月豪雨(7月10日、広島市) (c) Getty Images
  • 平成30年7月豪雨(7月10日、広島市) (c) Getty Images
  • 「通れるマップ」のイメージ
  • 平成30年7月豪雨(7月10日、広島市) (c) Getty Images
  • 平成30年7月豪雨(7月10日、広島市) (c) Getty Images
  • 平成30年7月豪雨(7月10日、広島市) (c) Getty Images
  • 平成30年7月豪雨(7月10日、広島市) (c) Getty Images
  • 平成30年7月豪雨(7月10日、広島市) (c) Getty Images
  • 平成30年7月豪雨(7月10日、広島市) (c) Getty Images
国土交通省は、平成30年7月豪雨による被災地の一部で「通れるマップ」を作成した。

平成30年7月豪雨では、国道をはじめ、被災した道路で通行止めが多発している。国土交通省では、円滑な救助救援活動の観点から、今回、通行止めが多発している広島市と呉市周辺で、通行可能な主な道路を一元的に示した「通れるマップ」を作成するとともに、公開した。対象は高速道路、国道、主要地方道、県道。

被災者や救援活動を行う人に有効活用してもらう。

広島市・呉市周辺通れるマップ[7月14日18時00分時点]
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集