ボッシュとダイムラー、完全自動運転の実証実験を計画 米シリコンバレーで2019年から

自動車 ビジネス 企業動向

ボッシュ(イメージ)
  • ボッシュ(イメージ)
  • ダイムラー(イメージ)
ボッシュ(Bosch)とダイムラー(Daimler)は7月11日、米国カリフォルニア州シリコンバレーで2019年後半から、市街地での完全自動運転の実現に向けた実証実験を開始すると発表した。

ボッシュとダイムラーは、実証実験用の自動運転車両を使用して、シリコンバレーのサンフランシスコ湾近郊の都市において、試験的に自動運転のシャトルサービスを行う予定。試験サービスでは、完全自動運転またはドライバーレスの車両が、マルチモーダルな交通にどのように統合されるのかを検証していく。

ボッシュによると、現在多くの都市が、既存の交通手段の負荷となっている問題に直面。ボッシュとダイムラーが計画する自動運転サービスが、これらの問題を解決するための一端を担うという。

ボッシュとダイムラーは、このプロジェクトに同等の資金を投資。このプロジェクトにおいて、ダイムラーは車両のシステム開発を担当しており、テスト車両、テストのための施設を提供。また今後、試験サービスで使用される車両もダイムラーが提供する計画。

一方、ボッシュは各種センサー、アクチュエーター、コントロールユニットなど各コンポーネントの開発を担当。なお、ダイムラー・モビリティ・サービス社がこのアプリベースのサービスと自動運転フリートのオペレーターとなる予定、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集