マクラーレンのPHVスーパーカー P1 に「GT」、ティザースケッチ…グッドウッド2018で発表へ

エコカー EV
マクラーレン P1 GTのティザースケッチ
  • マクラーレン P1 GTのティザースケッチ
Lanzante Motorsportは7月1日、英国で7月13日に開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」において、マクラーレン『P1 GT』(McLaren P1 GT)を初公開すると発表した。

Lanzante Motorsportといえば2017年、同社が開発したマクラーレン『P1 LM』がドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、当時の市販車最速の6分43秒2のラップタイムを打ち立てたのが記憶に新しい。

P1 LMは、マクラーレンオートモーティブのサーキット専用車で、プラグインハイブリッド車(PHV)のマクラーレン『P1 GTR』をベースに、Lanzante Motorsportが公道走行できるように変更を加え、ナンバープレートを取得した市販車。

P1 GTRの3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンエンジンは、排気量を4.0リットルに拡大。最大出力1000bhp、最大トルク107kgmを発生する。60kgの軽量化と空力性能の向上も果たす。最高速は345km/h(リミッター作動)の性能を持つ。

Lanzante Motorsportは、グッドウッドフェスティバルオブスピード2018において、マクラーレンP1 GTを初公開する予定。P1 LMに続いて、マクラーレン『P1』がベースになるもよう。同社は、P1 GTのティザースケッチを公開している。

当時は輸入車をメインに取り扱う中古車販売店がほとんどなかったため、現社長の…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集