ZF、完全自動運転向けコクピット発表…ステアリングホイールやペダルなし

自動車 テクノロジー ITS
ZFのトレンドセッティングコクピット
  • ZFのトレンドセッティングコクピット
ZFは6月27日、次世代モビリティをテーマにした「テクノロジーデイ2018」を開催し、将来のレベル4の完全自動運転車向けに、ステアリングホイールやペダル類のないコクピットを発表した。

このコクピットは、フォルシアと共同開発。「トレンドセッティングコクピット」と命名された。完全自動運転車向けのため、ステアリングホイールやペダル類は未装備。3個のモニターが情報を表示し、ドライバーは左右どちらのシートに座るか選択できる。

ドライバーが手動で運転操作をしたい、または、しなければならない時は、トレンドセッティングコクピットの統合制御レバーで簡単に運転操作が行える。ZFによると、加減速や方向転換は、ほとんど指一本で可能になるという。

さらに、中央に配置されたタッチスクリーンを利用することで、ウィンカーやクラクション、ワイパーといった機能を左右どちら側からでも操作することが可能。操作や表示のための装置類が不要になる。

その代わりとして、ダッシュボード上の左右に2つのモニターを追加。これらはドライバーが座っている位置に対応し、さまざまな使い方ができる。例えば、ひとつが車速などの情報を表示するモニター。もうひとつが、完全自動運転中に仕事の処理や、計画を立てるのに使用可能なモニター。ステアリングホイールが装備されていないため、モニターへの視界やアクセスを邪魔されることはない、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集