メルセデスベンツの新型車、AIソリューション採用へ…ダイムラーが米企業と提携

ダイムラーとザイリンクス社は6月27日、車載システムの開発に関して提携し、ダイムラーが自動車向けアプリケーションの人工知能(AI)処理に、ザイリンクスの技術を導入すると発表した。

自動車 テクノロジー ネット
ザイリンクスの公式サイト
  • ザイリンクスの公式サイト
ダイムラーとザイリンクス社は6月27日、車載システムの開発に関して提携し、ダイムラーが自動車向けアプリケーションの人工知能(AI)処理に、ザイリンクスの技術を導入すると発表した。

ザイリンクス社は、米国カリフォルニア州サンノゼに本拠を置く。エンドポイントから、エッジ、クラウドに至るまで、多種多様な技術でアダプティブプロセッサやプラットフォームを開発している。ザイリンクスは、自動車業界で12年以上にわたり、累計4000万ユニット以上を自動車メーカーやサプライヤーに納入してきた。

今回、ダイムラーとザイリンクス社は、車載システムの開発に関して提携すると発表。ダイムラーは自動車向けアプリケーションの人工知能(AI)処理に、ザイリンクスの技術を導入する。

具体的には、ザイリンクスのAIソリューションを、メルセデスベンツの新型車が採用する予定。ダイムラーは、ザイリンクスの技術により、AIを活用した自動車向けアプリケーションの開発を加速させる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集