BMW i3s、ブリヂストンの低燃費タイヤ技術「オロジック」を採用

自動車 ニューモデル 新型車
BMW i3s
  • BMW i3s
  • ECOPIA EP500 ologic
  • BMW i3s
ブリヂストンは6月13日、BMWの電気自動車(EV)『i3』のスポーティモデル「i3s」に、低燃費タイヤ技術「オロジック」を適用した新車装着タイヤ「ECOPIA EP500 オロジック」を納入すると発表した。

低燃費タイヤ技術オロジックは、タイヤを幅狭化・大径化することで転がり抵抗と空気抵抗を低減し、車両の燃費を向上。さらに専用パタンとコンパウンドを組み合わせることで、濡れた路面や乾燥路面での優れたグリップ性能も確保している。

i3sに装着されるECOPIA EP500オロジックは、i3に装着されているタイヤよりも20mm幅を広くすることで、増加した出力とトルクを最大限に引き出すための十分なトラクションを確保。また、i3sのスポーティな外観の実現に貢献している。

納入タイヤサイズは、前輪175/55R20 89Tおよび後輪195/50R20 93T。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集