マツダ CX-8、CX-5 ディーゼル車2万3000台をリコール 始動できなくなるおそれ

自動車 テクノロジー 安全

マツダCX-8
  • マツダCX-8
  • 改善箇所
マツダは6月14日、『CX-8』および『CX-5』ディーゼルモデルのエンジン制御コンピュータ(ECU)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2017年9月29日~2018年5月8日に製造された2万3208台。

今回の不具合は、エンジン制御プログラムが不適切なため、エンジン停止時の僅かな回転を異常と判定し、ECUへの電源供給が停止しなくなるというもの。そのため、スタート・ストップ・ユニットがスタータ回路の短絡と判定し、プッシュボタンスタートを押しても、電源ポジションがオンに切り替わらず、エンジンが始動できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、エンジン制御プログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合は61件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集