BMW「i」、電動車を今秋から5割以上増産へ…需要に対応

エコカー EV

BMW i8ロードスター
  • BMW i8ロードスター
  • BMW i3
  • BMW i8クーペ
BMWグループは6月12日、サステイナブルブランド、BMW「i」の電動車両の生産台数を50%以上増やすと発表した。

今回の発表は、BMW「i」ブランド車の販売が、世界的に好調なことを受けての対応。BMW「i」ブランド車の需要に応える目的で、50%以上の増産に踏み切る。

具体的には、BMW「i」ブランド車を生産するドイツ・ライプツィヒ工場において、2018年秋から増産体制を敷く。1日当たりの電動車の生産台数は、200台に拡大する見通し。

BMW「i」ブランド車には、EVおよびプラグインハイブリッド車(PHV)の『i3』とPHVスポーツカーの『i8』がある。i3と『i8クーペ』は改良新型モデルを発表し、さらに『i8ロードスター』が追加されたことで、需要が増している。

このBMW「i」ブランド車にBMWとMINIの両ブランドの電動車を合わせて2018年1~5月、BMWグループは4万6849台の電動車両を世界で販売。前年同期比は41%増と大きく伸びた。BMWグループは2018年通年、全世界で14万台以上の電動車販売を目指す、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集