車いすに乗ったままはしご車に乗る、モリタ「スーパージャイロラダー」…東京国際消防防災展2018[詳細画像]

自動車 ニューモデル 新型車

モリタの先端屈折式はしご付消防ポンプ自動車(車いす対応)SUPER GYROLADDER(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの先端屈折式はしご付消防ポンプ自動車(車いす対応)SUPER GYROLADDER(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの先端屈折式はしご付消防ポンプ自動車(車いす対応)SUPER GYROLADDER(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの先端屈折式はしご付消防ポンプ自動車(車いす対応)SUPER GYROLADDER(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの先端屈折式はしご付消防ポンプ自動車(車いす対応)SUPER GYROLADDER(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの先端屈折式はしご付消防ポンプ自動車(車いす対応)SUPER GYROLADDER(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの先端屈折式はしご付消防ポンプ自動車(車いす対応)SUPER GYROLADDER(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの先端屈折式はしご付消防ポンプ自動車(車いす対応)SUPER GYROLADDER(東京国際消防防災展2018)
  • モリタの先端屈折式はしご付消防ポンプ自動車(車いす対応)SUPER GYROLADDER(東京国際消防防災展2018)
モリタは東京国際消防防災展2018に、「先端屈折式はしご付消防ポンプ自動車(車いす対応)『SUPER GYROLADDER』」を出展した。車いすに乗ったままでの要救助者の救助を可能とした。

本製品は、従来の「MLL」シリーズのバスケット許容積載荷重を4000Nから5400Nにパワーアップ、バスケット前面にスロープを装備した。規格地上高は35.1m。また、新設計のジャイロターンテーブルにより、はしご車の傾斜矯正角度を従来の7度から11度まで拡大した。

モリタは多様化する火災現場、災害現場において、消火・救助活動に素早く対応できるよう消防自動車10台を開発、5月31日~6月3日に東京ビッグサイトで開催された「東京国際消防防災展2018」に出展した。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集