ソフトバンクのファンド、GMの自動運転開発会社に資本参加

自動車 テクノロジー ITS

GMが2019年から生産を開始する自動運転車、クルーズAVのインテリア
  • GMが2019年から生産を開始する自動運転車、クルーズAVのインテリア
ゼネラルモーターズ(GM)は5月31日、ソフトバンクのファンドがGMの自動運転会社に22億5000万ドル(約2450億円)を出資すると発表した。

GMの自動運転会社クルーズ・オートメーションにソフトバンクが運営する「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(SVF)が2段階に分けて出資する。最初に9億ドルを投資し、その後、自動運転の市場投入に向けて準備が整った段階で13億5000万ドルを出資する。ファンドの出資比率は19.6%となる。

GMもクルーズ・オートメーションに11億ドルを追加出資する予定。クルーズ・オートメーションは調達した資金を活用して2019年に自動運転車の実用化を急ぐ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集