スズキ スイフト、衝突安全性能/予防安全性能評価で最高ランク獲得 JNCAP2017

自動車 テクノロジー 安全

スイフト・ハイブリッドRSセーフティパッケージ装着車
  • スイフト・ハイブリッドRSセーフティパッケージ装着車
スズキは5月31日、小型乗用車『スイフト』の「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」搭載車が、2017年度JNCAP自動車アセスメントの衝突安全性能評価で最高ランクの「ファイブスター賞」を受賞したと発表した。

また、同時に「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」および「全方位モニター」搭載車が、予防安全性能評価でも最高ランクの「ASV++」を獲得した。

スイフトは、軽量高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」に加え、軽量衝撃吸収ボディ「TECT(テクト)」を採用し、衝突時の安全性能を向上。さらに予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の衝突被害軽減ブレーキ DSBSを採用するなど、アクティブセーフティとパッシブセーフティの両面から安全対策を図っている。

JNCAP自動車アセスメントは、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が自動車の安全性能を評価し、結果を公表する制度。衝突安全性能評価は、自動車の総合的な衝突安全性能を評価するもので、「乗員保護性能評価」、「歩行者保護性能評価」、「座席ベルトの非装着時警報装置(シートベルトリマインダー)評価」の3項目での評価スコアを基に5段階の総合評価が行われている。

また、予防安全性能評価は、予防安全装置の性能を評価するもので、「前方車両に対する衝突被害軽減制動制御装置」、「前方歩行者に対する衝突被害軽減制動制御装置」、「車線逸脱抑制装置」、「後方視界情報提供装置(バックビューモニター)」の4項目での評価スコアを基に3段階の総合評価が行われている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集