自動でサッカーのピッチに白線を引くロボット発表…日産プロパイロット技術を応用

自動車 テクノロジー ITS

日産ピッチアール
  • 日産ピッチアール
日産自動車の欧州部門、日産モーターヨーロッパは5月28日、ウクラナのキエフで開催されたサッカー「UEFAチャンピオンズリーグ」2017~2018シーズンの決勝戦において、自動的にサッカーのピッチに白線を引くロボット、「ピッチアール」を初公開した。

ピッチアールは、日産の部分自動運転テクノロジーの「プロパイロット」技術を応用して開発されたもの。この技術をアピールする目的で、ピッチアールは開発された。

ピッチアールでは、4つの車載カメラによる映像とGPSによる位置追跡、衝突防止システムを活用。これにより、芝生、アスファルト、砂利で覆われた路面でも、環境に優しい溶解性塗料を使ってピッチのラインを、わずか20分で引くことができる。

日産の部分自動運転技術のプロパイロットは、日産が提唱している「ニッサンインテリジェントモビリティ」の主要な技術。なお、日産モーターヨーロッパは、ニッサン インテリジェント モビリティを象徴するEV、新型『リーフ』を欧州市場に導入している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集