曲がり角の先や障害物が見える?! ジャガー・ランドローバーが自動運転車両を開発へ

自動車 テクノロジー 安全

ジャガー・ランドローバーの自動運転技術開発車両
  • ジャガー・ランドローバーの自動運転技術開発車両
ジャガー・ランドローバーは、英国における自動運転車両の導入促進のために発足したコンソーシアム、「AutopleX」に参画した、と発表した。

AutopleXは、英国における自動運転車両の導入促進に向けて2018年3月、政府や企業の共同出資に発足したコンソーシアム。このコンソーシアムでは、最先端の技術、自動車関連企業、先進的な自治体や教育機関などが集まり、英国内で大規模なコネクテッド自動運転技術の試験を行う。

また、ジャガー・ランドローバーは、自動運転技術の開発に、470万ポンド(約7億円)を追加投資すると発表。曲がり角の先の状況や障害物の向こう側など、死角を「感知」する自動運転車両の開発プロジェクトを進めていく。

このプロジェクトでは、コネクテッド技術、自動運転技術、リアルタイムマッピング技術を融合。自動運転車両に対して、より早い段階で情報伝達をするための研究開発に取り組む。この構想が実現すれば、自動運転車両がすべての道路利用者や死角にある障害物と相互通信して、状況を事前に把握。自動運転による安全な車線変更や複雑な環状交差点の走行が可能になる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集