ホンダが中国向けEVコンセプト発表、2018年内に市販へ…北京モーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー

ホンダの理念 EV コンセプト
  • ホンダの理念 EV コンセプト
ホンダの中国法人は4月25日、中国で開幕した北京モーターショー2018において、『理念 EV コンセプト』を初公開した。

理念 EV コンセプトは、本田技研科技(中国)有限公司と、ホンダと広汽集団の中国合弁、広汽ホンダが共同開発。中国市場専用に投入する初の量産EVを示唆したコンセプトカーとなる。

このEVは、広汽ホンダの自主ブランドの「理念」のモデルとして、2018年内の発売を予定。ホンダは中国政府が普及を後押しするNEV(新エネルギー車。EVやPHVを指す)のラインナップを強化していく。

また、この量産EVは、ホンダが2017年に出資を発表した中国のカーシェアリング企業、「リーチスター」社のカーシェアリングサービスを通じて、シェアEVとしても活用する予定、としている。

5月16日開催【北京モーターショー報告と中国のEV、自動運転セミナー】
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集