「最高速337km/h」の超速セダン、アストンマーティンが開発中

自動車 ニューモデル 新型車

アストンマーティン ラピード AMR スクープ写真
  • アストンマーティン ラピード AMR スクープ写真
  • アストンマーティン ラピード AMR スクープ写真
  • アストンマーティン ラピード AMR スクープ写真
  • アストンマーティン ラピード AMR スクープ写真
  • アストンマーティン ラピード AMR スクープ写真
  • アストンマーティン ラピード AMR スクープ写真
  • アストンマーティン ラピード AMR スクープ写真
  • アストンマーティン ラピード AMR スクープ写真
アストンマーティンが、2017年のジュネーブモーターショーで発表した新ブランド「AMR」から登場する『ラピードAMR』市販型プロトタイプが、ニュルブルクリンクで初めて高速テストを開始した。

AMRとは、アストン・マーティン・レーシングの略。レースシーンからフィードバックされたダイナミズムとパフォーマンスを引き上げ、新たな頂点を目指すエキサイティングなブランドだ。昨年のジュネーブモーターショーでは『ラピードAMR』と『ヴァンテージ AMR Pro』2台のプロトタイプが発表され、その後『ヴァンテージAMR』が世界限定300台で発売された。

今回捉えたラピードAMRのプロトタイプは、スプリッターを備える新しいフロントバンパー、ワイドなサイドシル、リアディフューザー、21インチホイールの他、リアにはエアロフリップ・スポイラーを装備するアグレッシブなエクステリアが確認出来る。このプロトタイプにはデュアルエキゾーストパイプが装着されているが、これはフェイクの可能性があり、発売時には4本出しに変更されるかもしれない。

室内は、カーボンファイバーを多用し、シートとステアリングホイールにはアルカンターラを使用。ライムグリーンをアクセントにした「息を呑むほど」の高級感を持つとレポートされている。

ハイライトはその心臓部だろう。6リットルV型12気筒エンジンを搭載し、最高出力は『ラピードS』の560psを上回る600psを発揮。最高速度は337km/hに達し、世界で最も早く、最もスリリングな4ドアモデルとなるだろう。

アストンマーティンは、『ヴァルキリー』を含むすべてのモデルにAMRバージョンの設定を計画しているといい、このラピードAMRは、限定210台で2019年以降の発売が予想されている。

◆「デリカD:5」「ジムニー」「S2000」…話題の新型車を最速スクープ『Spyder7』
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集