ポルシェ ミッションE はテスラ モデルSを超えるのか…雪上スクープ[動画]

ポルシェ初の市販EVとなる『ミッションE』市販型プロトタイプを、摂氏マイナス20度のスカンジナビアでビデオが初めて捉えた。

自動車 ニューモデル 新型車
ポルシェ ミッションE スクープ動画
  • ポルシェ ミッションE スクープ動画
  • ポルシェ ミッションE スクープ動画
  • ポルシェ ミッションE スクープ動画
  • ポルシェ ミッションE スクープ動画
  • ポルシェ ミッションE スクープ動画
  • ポルシェ ミッションE スクープ動画
  • ポルシェ ミッションE スクープ動画
  • ポルシェ ミッションE スクープ動画
ポルシェ初の市販EVとなる『ミッションE』市販型プロトタイプを、摂氏マイナス20度のスカンジナビアでビデオが初めて捉えた。

現在、世界のトップメーカーは未来を背負う初の市販EVを開発しているが、「ミッションE」はポルシェにとって未来を担うモデルとなる。捉えた動画は、ダミーのヘッドライトやエキゾーストパイプを装備し、Cピラーにカモフラージュが施された開発車両を撮影しており、雪上で安定した加速が見られる。

2015年のフランクフルトモーターショーで初公開されたコンセプトモデルだが、市販型ではEV専用「J1」プラットフォームを採用し、流れるようなクーペルーフスタイルが反映されるはずだ。

テスラ『モデルS』をライバルとし、満を持して搭載するパワーユニットには、2基のモーターを搭載し、最高出力は600psを発揮する。0-100km/h加速は3.5秒、0-200km/h加速は12秒以下とスーパーカーレベルのパフォーマンスが予想されている。

充電には現在主流の400Vではなく、800Vシステムを採用することにより約15分で満充電の80%、400km以上を走行する。また約20分でフル充電を完了し、530kmの航続距離を実現するとレポートされている。しかしこの驚異的充電時間を実現するには、特別な800V充電ポートも必要になるだろう。

市販型のワールドプレミアは、2019年3月以降となるだろう。

ポルシェの未来を背負う初のEV、ミッションEが雪上で加速【動画】

《Spyder7 編集部》

編集部おすすめのニュース

特集