ホンダの新型軽キャブバン『N-VAN』、ホームページで先行公開…大容量の荷室と「ダブルビッグ大開口」

自動車 ニューモデル 新型車
新型N-VAN 外観シルエット
  • 新型N-VAN 外観シルエット
  • 新型 N-VAN「ダブルビッグ大開口」
  • 新型N-VAN
ホンダは4月20日、今夏発表を予定している新型軽キャブバン『N-VAN(エヌ バン)』に関する情報をホームページで先行公開した。

N-VANは、「N」シリーズのラインアップに追加する、新スタイルの軽貨物車だ。ティザーサイトでは全体のシルエットと特徴的な内部写真が公開。働く人の毎日を豊かな時間に変えるため、荷物の積み降ろしや運搬をサポートする、様々な新発想の機能が備わっているという。

リアシートに加え、助手席シートもフラットに収納できるダイブダウン機能を採用。「N」シリーズならではの低床フロアと相まって、助手席からテールゲートにかけて広がるフラットな空間が新たな積載スペースを生み出し、大容量の荷室を実現している。さらに、軽バン初の助手席側ピラーレスを採用することで、「ダブルビッグ大開口」を実現。テールゲートと合わせて2つの動線を使えることで、積み降ろしの効率が劇的に変わるという。

さらに安全運転支援システム「ホンダ センシング」を標準装備し、働く人に安心・快適な運転環境を提供する。

ホームページでは、N-VANに関する情報を順次公開していく。

実は、初代NA系ロードスター乗りから広く知られているキスモ。マツダのユーノスロー…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集