デンソー、オンザロード社に1億6000万円を出資 MaaS領域の技術開発加速へ

自動車 テクノロジー ITS

デンソーは4月18日、MaaS(Mobility as a Service)システムの技術開発を加速させるため、ソフトウェア開発のオンザロード社に1億6000万円を出資したと発表した。出資後の出資比率は14.88%となる。

MaaSとは、人やモノの移動における需要者と供給者をマッチングすることで、最適な移動手段の組み合わせを提供し、予約や決済など必要な手続きも一括して行う仕組み。これにより車を持たない人でも、簡単に移動サービスを利用し自由に移動でき、さらに物流を効率化なども可能とする。

MaaSを実現するためには、高速で移動する移動体から得た情報をリアルタイムに収集・解析し、その結果をクラウドを介して、運行管理やカーシェアなどのサービス提供者に最適な形で伝えることが必要。デンソーは、MaaS領域を技術開発の注力分野の一つと定め、クラウド技術やAI技術、車載エッジコンピューターなどの技術開発を加速させている。

今回デンソーが出資を行うオンザロード社は、通信やクラウドを使った大規模なシステム開発で実績があり、次世代モビリティサービスに必要となる基幹技術の開発で高い技術力を持つ。今後デンソーは、オンザロード社の技術力や開発リソーセスを活用することで、MaaSシステムの開発体制を強化し、ソフトウェア技術開発を加速。これらの技術により自動車メーカーやサービス提供者の製品開発、サービス開発を支援していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集