ZFがフォーミュラEセーフティカーを出展、注目集める…モータースポーツジャパン2018

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
  • モータースポーツジャパン2018
4月14日に東京・お台場で開催された「モータースポーツジャパン2018 フェスティバル イン お台場」に、今年もZFがブースを出展した。

F1をはじめ、様々なモータースポーツシーンでクラッチやダンパーの供給を行うZF。今年もモータースポーツジャパンの会場にブースを出展し、実際に使用されているパーツなどが展示された。

また最近ではフォーミュラEにも力を入れており、今回はJ SPORTSとタッグを組んで、ブース横に今季フォーミュラEで採用されているBMW『i8』のセーフティカーを展示。隣には2017-18シーズンの開幕戦で小林可夢偉が着用したレーシングスーツも展示され、ブース内ではフォーミュラEのレース映像も流されていた。

また『i8』のセーフティカーは、グリッドウォークでも登場し、この車両の前で家族連れの来場者らが、記念撮影をするシーンも見られた。

2018-19シーズンから日産も参戦することが決定しており、徐々に日本でも注目を集めつつあるフォーミュラE。今回、セーフティカーやレーシングスーツなどが展示されたことで、今まで以上に興味を持ったファンも多かった様子だった。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集