ポルシェ カイエン、3601台をリコール 燃料漏れのおそれ

ポルシェジャパンは3月30日、『カイエン』シリーズの燃料ポンプフィルターフランジに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

自動車 テクノロジー 安全
ポルシェ・カイエン(2004年)
  • ポルシェ・カイエン(2004年)
  • 改善箇所
ポルシェジャパンは3月30日、『カイエン』シリーズの燃料ポンプフィルターフランジに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『カイエン』『カイエンS』『カイエン ターボ』『カイエン ターボS』の4車種で、2002年12月24日~2006年9月26日に製造された3601台。

燃料ポンプフィルターフランジの取付位置が不適切なため、フランジ部が雨水等の被水により劣化することがある。そのため、フランジ部の強度が低下し、そのままの状態で使用を続けると、燃料の圧力により亀裂が生じ、燃料が漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、燃料ポンプフィルターフランジを新品に交換し、保護フイルムを貼り付ける。

不具合は2件発生、事故は起きていない。本国からの情報により届け出た。

自動車業界で働く女性は少ない! その中で働く女性を紹介する連載企画「ホイール系女子」(仮)スタ…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集