トヨタ オーリス 新型、3世代目はTNGA採用…ジュネーブモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー

トヨタ オーリス 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • トヨタ オーリス 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • トヨタ オーリス 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • トヨタ オーリス 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • トヨタ オーリス 新型(ジュネーブモーターショー2018)
  • トヨタ・オーリス 新型
  • トヨタ・オーリス 新型
  • トヨタ・オーリス 新型
  • トヨタ・オーリス 新型
トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、新型『オーリス』を初公開した。

新型オーリスは、3世代目モデル。トヨタの新世代「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)プラットフォームを採用。トヨタはTNGAを、いい車づくりの構造改革、と位置付ける。

新型のフロントマスクは、トヨタの最新デザイン言語の「キーンルック」と、台形のロアグリルが特徴の「アンダープライオリティ」をさらに強調したもの。オプションのバイトーンカラースキームでは、車体の下側がボディカラー、上側がブラックのツートン仕上げとなる。

新型の全長は、先代比で40mm増加。40mmの増加分はホイールベースに充当され、室内空間を拡大する。その一方、全高は先代比で、およそ25mm低められている。

ガソリンエンジンは、ダウンサイズの1.2リットル直列4気筒ターボの1種類のみ。低重心、マルチリンクリアサスペンション、高剛性ボディシェルなどにより、乗り心地と快適性を損なうことなく、より良いハンドリングと安定性を実現した、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集