BMW M8 に4ドア「グランクーペ」、2019年に市販へ…ジュネーブモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
BMWコンセプトM8グランクーペ(ジュネーブモーターショー2018) (c) Getty Images
  • BMWコンセプトM8グランクーペ(ジュネーブモーターショー2018) (c) Getty Images
  • BMWコンセプトM8グランクーペ(ジュネーブモーターショー2018) (c) Getty Images
  • BMWコンセプトM8グランクーペ(ジュネーブモーターショー2018) (c) Getty Images
  • BMWコンセプトM8グランクーペ
  • BMWコンセプトM8グランクーペ
  • BMWコンセプトM8グランクーペ
  • BMWコンセプトM8グランクーペ
  • BMWコンセプトM8グランクーペ
BMWは3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、『コンセプトM8グランクーペ』を発表した。

BMWは現在、新型『8シリーズ・クーペ』と、その高性能モデルの『M8』を開発している。両車はともに、ボディは2ドアクーペとなる。

これに対して、ジュネーブモーターショー2018で初公開されたコンセプト M8 グランクーペは、『4シリーズ・グランクーペ』や『6シリーズ・グランクーペ』同様、ボディが4ドアクーペ。近い将来、M8に加わる4ドアクーペを示唆したコンセプトカーが、コンセプトM8グランクーペ。

コンセプト M8 グランクーペは、BMWのMモデルらしく、大型のエアインテークや4本出しのスポーツエグゾーストなどが特徴。トランクリッドは、スポイラー一体デザインを採用。なお、コンセプト M8 グランクーペは、2019年の市販化を予定している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集