メルセデスベンツ、複数の新型PHVを公開へ…ジュネーブモーターショー2018

エコカー EV
メルセデスベンツGLC350e 4MATICクーペ
  • メルセデスベンツGLC350e 4MATICクーペ
  • メルセデスベンツEクラスセダンのE350e
  • メルセデスベンツC350e
メルセデスベンツは、3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショー2018において、複数の新型プラグインハイブリッド車(PHV)を初公開すると発表した。

メルセデスベンツは現在、『Cクラス』、『Eクラス』、SUVの『GLC』などに、PHVグレードとして、「350e」をラインナップ。また、最上級サルーンの『Sクラス』にも、PHVを設定している。

PHVパワートレーンはGLCの場合、エンジンが2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ。最大出力は211hpを発生する。モーターは、最大出力116hp。システム全体では、57.1kgmのトルクを引き出す。トランスミッションは7速AT の7Gトロニックプラスで、エンジンとモーターの間に配置。動力性能は、0~100km/h加速5.9秒、最高速235km/h。

二次電池は、蓄電容量6.2kWhのリチウムイオンバッテリー。EVモードでは、最大34kmをゼロエミッション走行できる。その効果もあり、欧州複合モード燃費40km/リットル、CO2排出量59g/kmの優れた環境性能を達成した。

ジュネーブモーターショー2018では、複数の新型PHVが初公開される予定。メルセデスベンツは、「最新世代のOM654型ディーゼルエンジンに、最新のハイブリッド技術を組み合わせる」、とだけ明らかにしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • BMW 2シリーズ、PHVに改良新型…EVモードの航続延長 画像 BMW 2シリーズ、PHVに改良新型…EVモードの航続延長
  • ポールスターの600hp PHVクーペ、まずは欧米と中国の6か国に投入へ…新リースも導入 画像 ポールスターの600hp PHVクーペ、まずは欧米と中国の6か国に投入へ…新リースも導入
  • ポルシェ パナメーラ 新型、PHVの販売比率が6割に 画像 ポルシェ パナメーラ 新型、PHVの販売比率が6割に
  • ジープ ラングラー 新型、2020年にPHVを設定へ…ブランド初 画像 ジープ ラングラー 新型、2020年にPHVを設定へ…ブランド初
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース