ヒュンダイ ソナタ 改良新型、PHVも同時デビュー…シカゴモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
ヒュンダイ・ソナタ ・プラグイン・ハイブリッド改良新型 (シカゴモーターショー2018)
  • ヒュンダイ・ソナタ ・プラグイン・ハイブリッド改良新型 (シカゴモーターショー2018)
  • ヒュンダイ・ソナタ ・プラグイン・ハイブリッドの2017年モデル
  • ヒュンダイ・ソナタ ・プラグイン・ハイブリッドの2017年モデル
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は、米国で開催中のシカゴモーターショー2018において、改良新型『ソナタ プラグイン ハイブリッド』を初公開した。

『ソナタ』は、ヒュンダイの主力ミドルセダン。米国市場において、トヨタ『カムリ』、ホンダ『アコード』、日産『アルティマ』(日本名:『ティアナ』)などと競合する。シカゴモーターショー2018では、改良新型ハイブリッドと、改良新型プラグイン ハイブリッドが、同時にデビューを果たした。

改良新型ソナタ プラグイン ハイブリッドのパワートレーンは、エンジンが、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリン「GDI」。最大出力154hp、最大トルク19.4kgmを発生する。6速ATのトルクコンバータ内には、改良新型ソナタ ハイブリッドよりも強力なモーターを搭載。最大出力68hpを引き出す。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、202hpのパワーを獲得する。

二次電池は、蓄電容量が改良新型ソナタ ハイブリッドよりも5倍以上大きい9.8kWhのリチウムイオンポリマーバッテリー。EVモードでは、最大43kmをゼロエミッション走行できる。充電は、レベル2のチャージャーで3時間以内。ヒュンダイによると、燃料満タンでおよそ950kmを走行できるという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集