コンチネンタルとエヌビディアが提携…完全自動運転システムを2021年導入へ

自動車 テクノロジー ITS
提携を結んだコンチネンタルとエヌビディアの両トップ
  • 提携を結んだコンチネンタルとエヌビディアの両トップ
コンチネンタルは2月5日、エヌビディア(NVIDIA)と提携し、「NVIDIA DRIVE」プラットフォームに基づいた人工知能(AI)自動運転システムを共同開発すると発表した。

今回の提携により、レベル2の部分的な自動運転から、ステアリングホイールやペダルがないレベル5の完全自動運転まで、AIコンピュータシステムの生産が可能になるという。

コンチネンタルとエヌビディアは、高速道路での車両周辺360度の認識、自動での車線変更や合流など、高度に自動化された運転機能を共同開発していく。

コンチネンタルの自動運転システムの頭脳として、「NVIDIA DRIVE Xavier」は大量のデータを素早く処理する。車両の周囲を検知し環境を理解、HDマップ上で車両をローカライズし、他の物体の挙動と位置を予測し、車両ダイナミクスと安全な走行ルートを計算する。

コンチネンタルは、自社のセンサーとNVIDIA DRIVE AIカーコンピュータをベースにした自動運転システムを、2021年に市場に導入する、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集