モチーフは2台のレーサー、マクラーレン 570S に10台限定「10 MSO X」

自動車 ニューモデル 新型車
マクラーレン 570S の10 MSO X
  • マクラーレン 570S の10 MSO X
  • マクラーレン 570S の10 MSO X
  • マクラーレン 570S の10 MSO X
  • マクラーレン 570S の10 MSO X
  • マクラーレン 570S の10 MSO X
  • マクラーレン 570S の10 MSO X
  • マクラーレン 570S の10 MSO X
マクラーレンオートモーティブは、マクラーレン『570Sクーペ』に、10台限定生産の「10 MSO X」を設定すると発表した。

同車は、マクラーレン570Sクーペをベースに、レーシングカーのマクラーレン『570 S GT4』のイメージを反映。マクラーレンの特別車両開発部門、「MSO」が手がけるモデルとなる。

10 MSO Xでは、サーキットでのエアロダイナミクス性能向上を追求。新開発のリアウィングは、100kgの追加ダウンフォースを生む設計とした。また、ルーフには、カーボンファイバー製のスノーケルを追加。これは伝説のレーシングカー、1997 年のマクレーレン『F1 GTRロングテール』がモチーフ。ミッドシップにレイアウトされるエンジンへ、空気の流入量を最適化する。

さらに、ルーフ、ボンネット、サイドスカート、エンジンカバーなどは、サテン仕上げのカーボンファイバー製として、軽量化を果たす。MSOのチタン製エグゾーストも採用。タイヤはピレリ製の「Pゼロ・コルサ」を装着している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集