「アキュラウォッチ」搭載、アキュラ RDX 新型の先進運転支援…デトロイトモーターショー2018

ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新型アキュラ『RDX』のプロトタイプに、最新の「アキュラウォッチ」を搭載すると発表した。

自動車 ニューモデル モーターショー
アキュラ RDX 新型のプロトタイプ(デトロイトモーターショー2018)
  • アキュラ RDX 新型のプロトタイプ(デトロイトモーターショー2018)
  • アキュラ RDX 新型のプロトタイプ(デトロイトモーターショー2018)
  • アキュラ RDX 新型のプロトタイプ(デトロイトモーターショー2018)
  • アキュラRDX新型のプロトタイプ
  • アキュラRDX新型のプロトタイプ
  • アキュラRDX新型のプロトタイプ
  • アキュラRDX新型のプロトタイプ
  • アキュラRDX新型のプロトタイプ
ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新型アキュラ『RDX』のプロトタイプに、最新の「アキュラウォッチ」を搭載すると発表した。

アキュラウォッチは、アキュラの先進運転支援システム(ADAS)の総称。「ホンダセンシング」のアキュラ版として、2014年に発表された。

アキュラウォッチは、センサーなどを活用し、車両の周辺情報をもとに、通常走行時から事故回避まで運転を支援。将来の自動運転技術につながる先進安全技術を導入する。

アキュラウォッチの内容は、歩行者を検知してステアリングを制御する「歩行者事故低減ステアリング」をはじめ、車両が車線を逸脱しそうな場合にステアリングを制御する「路外逸脱抑制機能」などがある。

また、「トラフィックジャムアシスト」は、アダプティブクルーズコントロールと連動。渋滞中、車両が常に車線の中央位置をキープするよう、支援してくれる。この他、衝突回避の自動ブレーキ、前面衝突警告、レーンキープアシスト、レーン逸脱警告など、先進運転支援システムが充実している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集