レクサスの次世代SUV、自動運転「ショーファーモード」搭載…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー

レクサス LF-1 リミットレス(デトロイトモーターショー2018)
  • レクサス LF-1 リミットレス(デトロイトモーターショー2018)
  • レクサス LF-1 リミットレス(デトロイトモーターショー2018)
  • レクサス LF-1 リミットレス(デトロイトモーターショー2018)
  • レクサス LF-1 リミットレス
  • レクサス LF-1 リミットレス
  • レクサス LF-1 リミットレス
  • レクサス LF-1 リミットレス
  • レクサス LF-1 リミットレス
レクサスは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、最上級クロスオーバー車のコンセプトカー、『LF-1リミットレス』に自動運転技術を搭載すると発表した。

LF-1リミットレスは、レクサスが次世代のクロスオーバー車を提案したコンセプトカー。ボディサイズは、全長5014mm、全幅1986mm、全高1605mm、ホイールベース2974mm。現行のレクサスの最上級SUV、『LX570』(全長5080mm、全幅1980mm、全高1910mm)と比較すると、66mm短く、6mmワイド、305mm背が低い。フロントマスクは、立体的なスピンドルグリルを採用。リアは、左右に分割されたルーフスポイラーが特徴。

インテリアは、ドライバーのジェスチャーを検知することで操作を行うモーションコントローラーや直感的なディスプレイ表示など、最新のインターフェイスを採用。さらに、ステアリングホイール上にパーキングやリバースなどを含めたシフト操作を集約した。

さらに、LF-1リミットレスには、最新の自動運転技術を導入。ドライバーが、目的地までの運転操作を車両に任せる「ショーファーモード」を搭載。また、4Dナビゲーションシステムを装備。これは、ナビゲーションに時間の概念を取り入れ、車両や渋滞状況などを考慮し、休憩やレストランの提案、ホテルの予約など行うもの。情報はナビのディスプレイや、後席のエンターテインメント、乗員のスマートフォンやタブレットに表示できる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集