BMW i8クーペ 改良新型、最新コネクト採用…デトロイトモーターショー2018で発表

自動車 ニューモデル モーターショー
BMW i8クーペ 改良新型(デトロイトモーターショー2018)
  • BMW i8クーペ 改良新型(デトロイトモーターショー2018)
  • BMW i8クーペ 改良新型(デトロイトモーターショー2018)
  • BMW i8クーペ 改良新型
  • BMW i8クーペ 改良新型
  • BMW i8クーペ 改良新型
  • BMW i8クーペ 改良新型
  • BMW i8クーペ 改良新型
  • BMW i8クーペ 改良新型
BMWグループは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、改良新型『i8クーペ』に、最新のコネクティビティを採用すると発表した。

改良新型i8クーペには、「コネクテッド・ドライブ」を標準装備。コンシェルジュサービス、リモートサービス、リアルタイムな交通情報などの機能にアクセスできる。内蔵のSIMカードによって、ドライバーはBMWテレサービスとインテリジェント・エマージェンシー・コールを利用する際、自動で位置検出が可能。コネクテッド・ドライブは、さまざまなアプリと統合することもできる。

また、BMWディスプレイキーとスマートフォン&スマートウォッチ用のBMWコネクテッドにより、いつでも車両の状態をチェックできる。BMWディスプレイキーは、燃料レベル、バッテリー残量、航続、サービスなどの情報を、2.2インチのタッチスクリーンディスプレイに表示。Alexa音声制御アシスタントやGoogle Homeを使用して、自宅から呼び出される機能、またはリモートサービス経由で制御される機能は、BMWコネクテッドによって表示が可能。

さらに、「BMWコネクテッドApp」と「BMWコネクテッド+」と命名された最新デジタルサービスも導入。道路や走行条件を考慮したルートプランニング、充電ステーションまたはガソリンスタンドの「マイルート」への送信、テキストメッセージとライブリンクによる現在の走行状況の共有、スマートフォンまたはスマートウォッチへの経路案内のシームレスな転送、連絡先の詳細と住所のリンクをナビゲーションシステムに直接インポートできる、などのコネクティビティが利用できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集