VW パサート に頂点「GT」、史上最もアグレッシブ…デトロイトモーターショー2018で発表

自動車 ニューモデル モーターショー
フォルクスワーゲン パサート GT(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン パサート GT(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン パサート GT(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン パサート GT(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン パサート GT
  • フォルクスワーゲン パサート GT
  • フォルクスワーゲン パサート GT
  • フォルクスワーゲン パサート GT
  • フォルクスワーゲン パサート GT
フォルクスワーゲンは1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018において、『パサートGT』を初公開した。

同車は、『パサート』の北米仕様の頂点に立つ高性能グレード。パサートは『ジェッタ』と並ぶフォルクスワーゲンの米国市場における主力セダン。そのパサートが、スポーツイメージを「GT」で鮮明にした。

パサートGTの開発のテーマは、「史上、最もアグレッシブなパサート」。通常のパサートに対して、内外装は20か所以上、変更され、スポーティな雰囲気が強調された。

フロントのバンパーグリルは、ブラックメッシュでアッパーグリルは赤いアクセント入り。フォルクスワーゲンによると、『ゴルフGTI』がモチーフという。リアスポイラーも追加。ブラック&グレーのツートンスポーツシートやカーボンパターンのドアトリム、ピアノブラックパネルも採用する。

パワートレーンは、3.6リットルV型6気筒ガソリン「VR6」エンジン。最大出力280hp、最大トルク35.7kgmを引き出す。トランスミッションはパドルシフト付きの6速「DSG」。車高は15mmローダウンされ、19インチホイールやスポーツエグゾーストが装備されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集