キア、EVコンセプトをCES 2018で発表…16車種の電動化戦略の一環

エコカー EV
キア・ニロEVコンセプト(CES2018)
  • キア・ニロEVコンセプト(CES2018)
  • キア・ニロEVコンセプト(CES2018)
  • キア・ニロEVコンセプト(CES2018)
韓国のキアモーターズ(起亜自動車。以下、キア)は1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、『ニロEVコンセプト』を初公開した。

キアは2025年までに、新型ハイブリッド車5車種、プラグインハイブリッド車(PHV)5車種、新型EV5車種、さらに燃料電池車を含めて、16車種の環境パワートレイン車を発売する予定。この電動化戦略に沿って開発されたのが、ニロEVコンセプト。

ニロEVコンセプトは、SUVデザインを備えたEVコンセプトカー。エンジンのないEVはフロントグリルに冷却機能を持たせる必要がないため、メッセージを発信できるディスプレイパネルが装備される。

EVパワートレインは、モーターが最大出力204hpを発生。バッテリーは蓄電容量64kWhのリチウムポリマーバッテリー。1回の充電で、およそ390kmの航続性能を備えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集