パナソニックの次世代コクピットは3段階の自動運転に対応…CES 2018で初公開

自動車 テクノロジー ITS

パナソニック(CES 2018)
  • パナソニック(CES 2018)
  • パナソニック(CES 2018)
  • パナソニック(CES 2018)
  • パナソニック(CES 2018)
パナソニックは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES 2018において、3種類の次世代コックピット/キャビンシステムコンセプトを初公開した。

3種類のうちのひとつが、「スマートデザイン コックピット」。これは、レベル2の部分自動運転を想定したもの。4つのマルチディスプレイを連動させ、ドライバーや同乗者などの操作する人に合わせて、操作画面を移動させ、手の動きを正確に感知してストレスのない操作を可能にしたジェスチャーコントロールを実現。内装は、樹脂製の特殊インテリア素材を使用し、プラスチックでも木材、金属、皮革などのプレミアム素材の質感を追求する。

また、「スマートビジョン コックピット」は、レベル3の条件付き自動運転を想定して開発。自動運転モードでも、「わくわくするドライブ」をコンセプトに、パノラマ風景が楽しめるコックピットシステムを採用。運転モードと自動運転モードの切り替えで、超ワイドディスプレイと大画面ヘッドアップディスプレイ、ドライバーモニタリングシステムを活用し安全で楽しいドライブ空間を演出するという。

さらに、「次世代モビリティ キャビン」は、レベル5の完全自動運転を想定。ラグジュアリー&モダンな質感の高いリビング空間を車で再現し、「リビングルーム」「ビジネス」「リラックス」「エンターテインメント」の4つのスタイルで次世代の移動空間を提案している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集