パナソニック、次世代EV用プラットフォームをCES 2018で初公開

  • パナソニックは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、次世代EV用プラットフォーム「ePowertrain」を初公開した。
エコカー EV
パナソニック(CES 2018)
  • パナソニック(CES 2018)
  • パナソニックの次世代EV用プラットフォームのモックアップ
  • パナソニックの次世代EV用プラットフォームのモックアップ
  • パナソニックの次世代EV用プラットフォームのモックアップ
  • パナソニック(CES 2018)
  • パナソニック(CES 2018)
  • パナソニック(CES 2018)
  • パナソニック(CES 2018)
パナソニックは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、次世代EV用プラットフォーム「ePowertrain」を初公開した。

ePowertrainは、二輪EVや超小型EV向けに開発したプラットフォーム。統合コンパクトで高効率、拡張性に富み、省電力で安全性の高いパワートレインを目指して開発された。

このプラットフォームは、車載充電器やインバータ、コンバータとモーターで構成。車両の大きさや走行速度、トルクなどに応じて、基本システムを組み合わせて使用できるのが特徴。開発コストの削減や開発リードタイムの短縮にも貢献できるという。

パナソニックは、このプラットフォームにより、グローバルにEVの急速な需要拡大が見込まれている中、従来の乗用車だけでなく二輪EVや新しいタイプの超小型EVなど、各地域ごとの様々な生活スタイルや用途に合わせた多彩なモビリティに対応していく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集