ボッシュがHEREの株式取得へ…自動運転向けリアルタイム高精度地図を提供

自動車 テクノロジー ITS

ボッシュロードシグネチャーの概念
  • ボッシュロードシグネチャーの概念
  • ボッシュの将来の自動運転車のイメージ
ボッシュは、地図大手のHEREテクノロジーズに資本参加してデータに基づくリアルタイム位置情報サービスで協業すると発表した。

ボッシュはHEREの株式5%を取得する。取得価格は非公開で、2018年第1四半期に手続きを完了する予定。

両社は自動車と、インダストリー4.0などの自動車以外の分野で協業していく。

ボッシュが提供する「レーダーロードシグニチャー」は、車両に搭載されているレーダーセンサーから送られる情報を利用して高精度マップを作成し、その後、地図は常時更新される。これらの分野で今後、HEREと協業する。

また、ボッシュは今後もTomTom、オートナビ、百度、インクリメントPなどのパートナーと協力してレーダーロードシグニチャーへの取り組みを継続する。ボッシュとHEREは自動車メーカーをグローバル規模でサポートするソリューションの作成を目指す。これが実現するとさまざまなメーカーの車両が高精度マップに情報を提供し、リアルタイムで地図を更新できるほか、多数の車両がデータを提供することでモビリティサービスの精度が向上する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集