氷点下でも“アツすぎる”…アストンマーティン ヴァンキッシュ 新型、スーパーGTへ進化

自動車 ニューモデル 新型車
アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
  • アストンマーティン ヴァンキッシュ スクープ写真
アストンマーティンのハイエンドモデル『ヴァンキッシュ』次期型プロトタイプを、摂氏マイナス25度のフィンランド・ラップランドでスクープした。

フロント&リアバンパー、エアインテークやテールライトには未だカモフラージュが残っているが、刷新されたバンパー形状や大型のラジエーターグリルが露出している。また生産型LEDヘッドライトやカーボン製フロントスプリッターを装着し、アグレッシブなフェイシアが確認出来る。

ハイライトはその心臓部だ。5.2リットルV型12気筒ツインターボエンジンは、最高出力650psから700psと予想されている。ライバルは789psのフェラーリ『812スーパーファスト』を始め、メルセデス『AMG S65クーペ』やベントレー『コンチネンタルGT スピード』に定めている。

この熱すぎるアストンマーティンの新型スーパーGTは、2018年秋にもワールドプレミアが期待されている。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集