ケンウッド、スタイリッシュデザインのアンテナ分離型ETC2.0車載器など発売へ

自動車 テクノロジー ITS
ケンウッド ETC-S2000(左)とETC-S1000
  • ケンウッド ETC-S2000(左)とETC-S1000
ケンウッドは、スタイリッシュデザインのアンテナ分離型ETC2.0車載器「ETC-S2000」およびETC車載器「ETC-S1000」を2018年1月上旬より発売する。

ケンウッドでは、彩速ナビと連動させたETC2.0車載器「ETC-N7000」「ETC-N3000」を2017年10月に発表。今回、単独型として、GPS・スピーカー内蔵アンテナ分離型ETC2.0車載器「ETC-S2000」と、アンテナ分離型ETC車載器「ETC-S1000」を発売し、ラインアップの拡充を図る。

両モデルとも、本体表面はピアノブラックの光沢仕上げを採用。シンプルな薄型フォルムにより、スタイリッシュかつ設置しやすいデザインとした。

ETC-S2000は、GPSとスピーカーを内蔵した一体型のスタイリッシュなアンテナを採用。カーナビと接続せずに、本機とETCアンテナだけでETC2.0の安全運転支援情報、自動料金収受、各種割引などのサービスを受けることができる。

価格はいずれもオープン。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集