ガリバー×Anyca×akippa、シェアリングエコノミー普及に向け事業連携開始

自動車 ビジネス 国内マーケット

ガリバー、Anyca、akippaによる事業連携概要
  • ガリバー、Anyca、akippaによる事業連携概要
  • ガリバー登録特典
個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」を提供しているDeNAは11月10日、中古車買取販売の「ガリバー」を運営するIDOM、駐車場シェアサービス「akippa」を運営するakippaの3社で、シェアリングエコノミーの普及に向けた事業連携を開始すると発表した。

今回の事業連携では、ガリバーを中心としたIDOMの店舗でクルマを売買するユーザーに、Anyca・akippaを通じて、クルマや駐車場を所有するだけではなく「シェアリング」するという新たな利用方法を提案する。具体的には、クルマ売買のタイミングで、ガリバーがAnycaでのカーシェア、akippaでの駐車場シェアを紹介。2つのサービスに登録した際に、Anycaのポイントクーポンの付与や、Anycaおよびakippaの受取金増額といった特典も用意する。

今回の連携により、IDOMはコスト削減によるクルマ購入の活性化を、Anycaおよびakippaはシェアリングサービスの認知向上や利用者拡大を狙う。

3社による事業連携は、静岡エリアより開始し、順次拡大させていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集