【東京モーターショー2017】三菱ふそう、全車に電動モデル設定へ…「E-FUSO」立ち上げ

自動車 ニューモデル モーターショー

E-FUSO Vision ONE(東京モーターショー2017)
  • E-FUSO Vision ONE(東京モーターショー2017)
  • 【東京モーターショー2017】三菱ふそう、全車に電動モデル設定へ…「E-FUSO」立ち上げ
  • E-FUSO Vision ONE(東京モーターショー2017)
  • E-FUSO Vision ONE(東京モーターショー2017)
  • E-FUSO Vision ONE(東京モーターショー2017)
  • 【東京モーターショー2017】三菱ふそう、全車に電動モデル設定へ…「E-FUSO」立ち上げ
  • E-FUSO Vision ONE(東京モーターショー2017)
  • E-FUSO Vision ONE
三菱ふそうは10月25日、東京モーターショー2017において、商用車の電動ブランド「E-FUSO」を立ち上げ、三菱ふそうのトラックとバスの全車種に電動モデルを設定すると発表した。

新ブランドのE-FUSOの立ち上げは、全車種の電動化に向けた取り組みを明確にするもの。この取り組みは、大型トラックの電動モデルの開発だけでなく、今後、三菱ふそうのトラックとバスの全車種に、電動パワートレインのオプションを追加するものになる。

電気トラックの開発で得られた豊富な経験に加えて、三菱ふそうが属するダイムラーグループが保有する膨大な技術資源にアクセスできるという利点を活用。ダイムラーは、電動パワートレインの分野に多くの投資を行い、乗用車部門とトラック部門の間で相乗効果を生み出してきた。

なお、E-FUSOの車両に搭載するバッテリーは、ダイムラーの子会社のドイッチェ・アキュモーティヴ社が供給する予定。蓄電システムを専門に手がけるメルセデスベンツ・エナジー社が、バッテリーの二次利用の手法を提供していく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集