ランボルギーニに日本上陸50周年記念車…アヴェンタドール 5台に日本文化を反映

自動車 ニューモデル 新型車

ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター 50thアニバーサリージャパン
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター 50thアニバーサリージャパン
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター 50thアニバーサリージャパン
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター 50thアニバーサリージャパン
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター 50thアニバーサリージャパン
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター 50thアニバーサリージャパン
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター 50thアニバーサリージャパン
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター 50thアニバーサリージャパン
  • アウトモビリ・ランボルギーニCEOのステファノ・ドメニカリ
ランボルギーニは10月20日、『アヴェンタドールSロードスター』に「50thアニバーサリージャパン」を設定し、5台を限定発売すると発表した。

同車は、ランボルギーニの日本上陸50周年を記念する限定車。今から50年前、ランボルギーニ『400GT』が日本に上陸。それから50年、ランボルギーニは日本市場で大きく成長してきた。

5台の50thアニバーサリージャパンは、アヴェンタドールSロードスターをベースに、すべて仕様の異なるワンオフモデルとなる。5台は日本文化を象徴する、水、大地、火、風、空、の各モチーフを反映させたカスタマイズが施される。

例えば、「水」をモチーフにした1台では、専用のブルーのボディカラーを、10名の職人が170時間かけて仕上げた。ウインドスクリーンフレームとハードトップは、カーボンファイバー製。内装は、ブラックのレザーとアルカンターラの組み合わせ。シートなどには、竹をモチーフにしたステッチを採用した。「水」の文字も配される。

6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンは最大出力740hp、最大トルク75.4kgmを発生。トランスミッションは7速「ISR」。0~100km/h加速3.0秒、最高速350km/h以上という世界屈指の性能を発揮する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集