トヨタ、神戸製鋼製アルミ板を一部車両に使用…安全性・耐久性に問題なし

自動車 テクノロジー 安全

神戸製鋼所ホームページ
  • 神戸製鋼所ホームページ
トヨタ自動車は10月19日、検査データ改ざんが発覚した神戸製鋼所製のアルミ板について、一部の車両のフード(ボンネット)やバックドアなどに使用されていることが分かったと発表した。

当該アルミ板については、神戸製鋼が保有していた直近3年分のデータを使用して強度や耐久性を検証。車両の安全性・耐久性に関する関連法規やトヨタの基準を満たしており、車両への影響はないとしている。

ただし今回の問題は、対象がアルミ板以外にも、銅管、鋼線、クラッド材、銅製品など、多岐にわたるため、全容の判明しておらず、トヨタでは現在、アルミ板以外の素材の車両への影響について、早急に確認作業を進めている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集