ICカード「タッチ」は車内で…JR西日本、境線にICOCA導入 2019年春

鉄道 企業動向

車載型IC改札機の利用イメージ。ドア付近に設置された改札機にタッチして乗り降りする。
  • 車載型IC改札機の利用イメージ。ドア付近に設置された改札機にタッチして乗り降りする。
  • 境港駅を出発する境線の列車。車体は「ゲゲゲの鬼太郎」キャラクターで装飾されている。
  • 富山地方鉄道の鉄道車両に設置されている運賃箱。ICカードリーダーがある。
JR西日本の米子支社は10月18日、境線にICカード「ICOCA」を導入すると発表した。駅に改札機を設けず、列車内に「車載型IC改札機」を設置する。JR西日本が車載型IC改札機を導入するのは、これが初めて。2019年春にサービスを開始する予定だ。

境線は米子(鳥取県米子市)~境港(境港市)間17.9kmを結ぶ路線。境港市出身の水木しげるの漫画「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターを車体に描いた車両が運用されている。途中の駅は全て駅員のいない無人駅になっている。

米子駅はICOCAの山陰エリアとして自動改札機が既に設置されている。それ以外の境線各駅は、終点の境港駅のみIC専用型改札機を設置。無人駅では車両のドア付近に設置したIC改札機で対応し、乗車時と降車時にICカードを改札機にタッチする必要がある。

車載型のICカードリーダーはバスや路面電車などで普及しているが、一般的な鉄道車両では珍しい。富山県の富山地方鉄道はバスや路面電車だけでなく鉄道車両にもICカードリーダーを導入している。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集